インテリア

リフォームや住宅工事で室内快適化~マイホームの治療工事~

雰囲気作りや節約に

作業者

自分の店をリフォームなどする時に、まず大事な部分はお店の雰囲気をどのようにするのかという点でしょう。人間は外部情報を約9割を視覚から取り入れていると言われています。つまり、お店の雰囲気を左右するのは目に入る映像だと言えるのです。そして、その目に入る映像の雰囲気を一気に変えてしまうのには、何よりも照明が大事な部分になってきます。照明をうまく使う事によって、店舗デザインと雰囲気はやっと完成に近づいてくれます。また、照明は直接照明だけではなく、間接照明も非常に重要になってくるので、どのような雰囲気を出したいのかによって、電気工事の内容も変わってきます。また、ライトの種類によって電気代や電球の寿命なども変わってくるので、その点にも注意しておきましょう。最近多いのは、やはりLEDライトではないでしょうか。ここ10年ぐらいでLEDライトの技術は飛躍的に成長しています。また、省エネルギーで長寿命なので、非常に取り入れやすいライトです。もし、LEDライトを使う場合はLED工事などの電気工事も考えておきましょう。店舗デザインをできるだけ長期視野で考えておけば、開店してからの経費削減にもつながるのです。どんなに見た目にこだわったからといって、経費がかかる作りにすると勿体ないですし、今後の経営にも大きく響いてしまう可能性があります。ですので、見た目はもちろん、経費削減も考慮しながらリフォームすることが何より大切だと言えるでしょう。

Copyright© 2016 リフォームや住宅工事で室内快適化~マイホームの治療工事~All Rights Reserved.